風と自由と空と

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKの気骨と映画「靖国」

<<   作成日時 : 2008/05/07 20:39   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 映画「靖国」をみたくて5日に渋谷のシネアミューズに出かけたのだが、当日の席は完売だった。稲田朋美ら極右政治家と結託した右翼に脅されて上映中止があいついだ中で上映を実行したシネアミューズに入場料を払いたかった、残念。次のチャンスは17日からのシネマアンジェリカということになりそう。映画そのものが傑作か駄作ははわからないが、萎縮・自粛の空気に流されないためにも足を運びたいと思ってる。そういう中で、今夜のNHKクローズアップ現代は「靖国」上映問題を取り上げていた。誰にくみする立場でもないという番組の作り方だが、これをテーマにすること自体が表現の自由を守りたいという意志を表しているわけで、ときどきスカの内容もあるとはいえクローズアップ現代のスタッフに敬意を表したい。「靖国」上映館は徐々に増えているとか、話題作を上映したいという実に当然の商業主義を貫く映画館に拍手。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「NHKの気骨と映画「靖国」」について
「NHKの気骨と映画「靖国」」について このテーマも先日掲載したばかりですが、この件に関しては私には、左翼の作戦がちかな?って思います。 というのは、靖国っていうテーマで映画を作製した段階で、当然、過激な右翼が出てくる事は予測できていたはず。それをまず電話やファックスで脅しと思われる抗議があった、として映画館は一勢に自粛を決定。これは作戦だったんじゃないか。しばらく時間経過してから今回のクローズアップでは全国的に「力づくで言論妨害するのはおかしい」という声が大きくなり(これも予想の範囲内... ...続きを見る
まじめ人間のつれづれ日記
2008/05/09 16:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKの気骨と映画「靖国」 風と自由と空と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる