風と自由と空と

アクセスカウンタ

zoom RSS ガソリン暫定税率復活の怪

<<   作成日時 : 2008/04/30 21:15   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 どうも解せないのだが、自民党または福田内閣は支持率が下がるとわかっていてガソリンの暫定税率を復活するのか。道路特定財源59兆円を10年間確保しようとするのか。これに年金と後期高齢者保険問題をあわせれば今総選挙をしたら自民党がボロ負けするのは100%確実だろう。それでも税率復活をするのは、@俗情と結託しない選良として未来の日本に対する責任感から、A忘れっぽい国民だからいずれ風向きが変わって自民党支持が回復するはずだから、B支持率は下がってもコアな支持者をつなぎ止めておかなければ次の選挙に勝てそうにないから、この三択のうち@はありえない。今の自民党議員の顔をみると天性野卑で陰険な政治屋か二代目ばかりでノブレスオブリッジなんて言葉とは無縁の輩ばかりだ。正解はAとBの合わせ技なのだろう。2009年まで総選挙をやらなければどうせ国民は暫定税率だの道路特定財源だのを覚えてはいない。それよりは選挙マシーンとして頼りになる土建屋の利益を守る方が得策だ。一口に土建屋といっても国土省とその天下り関連団体、地方議員まで道路という名の公共事業を食い物にしている連中は膨大な量にのぼり、自民党多数派にとっては政治とは彼らと癒着することと同義なのだ。そのために国の借金がどれだけ増えて財政が破綻しようが、福祉水準が限界以下に下がろうが、「そんなの関係ねえ」のが腐臭を放つ自民党の現実なのだろう。こういう傲慢さを見逃しておいてこの国に未来はないと思う。この国に必要な特効薬は政権交代しかない。なんちゃって、生まれつきのアンチ自民党である私は国民が執念深く自民党の失政を記憶し続けることを願うのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガソリン
 今日はガソリンの記事は書かないと決めてたけど、 会社から帰って来る時にあまりにも腹が立ったので書く! ...続きを見る
土建屋日記 建設会社へのクレームどんと来...
2008/04/30 21:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガソリン暫定税率復活の怪 風と自由と空と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる