今や護憲の星となった天皇夫妻

 新聞やテレビでは大きくとりあげられないが、誕生日に際しての皇后の発言は注目すべきものがあった。
ありきたりの挨拶ではなく、意図を忖度すれば彼女なりの危機感というか問題意識がはっきり伝わる内容であるのは間違いない。取り上げるべき部分の全文は次のとおり。

5月の憲法記念日をはさみ,今年は憲法をめぐり,例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした論議に触れながら,かつて,あきる野市の五日市を訪れた時,郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布(明治22年)に先立ち,地域の小学校の教員,地主や農民が,寄り合い,討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,204条が書かれており,地方自治権等についても記されています。当時これに類する民間の憲法草案が,日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが,近代日本の黎明期に生きた人々の,政治参加への強い意欲や,自国の未来にかけた熱い願いに触れ,深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た19世紀末の日本で,市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして,世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。

この1年も多くの親しい方たちが亡くなりました。阪神淡路大震災の時の日本看護協会会長・見藤隆子さん,暮しの手帖を創刊された大橋鎮子さん,日本における女性の人権の尊重を新憲法に反映させたベアテ・ゴードンさん,映像の世界で大きな貢献をされた高野悦子さん等,私の少し前を歩いておられた方々を失い,改めてその御生涯と,生き抜かれた時代を思っています。

 五日市憲法は多摩の青年たちが書き上げた民間憲法案で人権保障に特色がある。「世界でも珍しい文化遺産」と評する裏には、日本国憲法を「アメリカの押しつけ」という粗雑で単細胞的な安倍の改憲論に対する危機感があると私には思える。

 ベアテ・ゴードンさんはいうまでもなく憲法に男女平等を書き込むために尽力した女性だ。「私の少し前を歩いて」いた人として彼女をとりあげた理由は書くまでもないだろう。

 この国では漠然とした改憲賛成の声が増えている。「60年以上も変わってないんなら変えてもいいんじゃない」といった無思慮な世論に比べて、皇后のこの発言は考え抜いたすえのなみなみならぬ決意を感じさせる。護憲の先頭に天皇家を立たせるなんて、何て不忠な国民かと思うのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年11月01日 09:02
皇后の1998年の「国際児童図書評議会 ニューデリー大会」基調講演を改めて読み直してみました(当時新聞で抜粋だけ読んだ記憶があります)。本当に今読み直しても素晴らしい文章です。そういう皇后と漫画しか読まない財務相を持つ日本の現在。

この記事へのトラックバック