韓国映画「金子文子と朴烈」

 横浜ジャック&ベティで韓国映画「金子文子と朴烈(パクヨル)(原題「パクヨル」、英語題名Anarchist from colony」をみてきた。なかなか不思議な映画だ。映画の舞台は関東大震災直後の日本、登場人物たちのセリフ総量の大半は日本語で一部韓国語、俳優は韓国人、在日韓国人、わずかの日本人。監督は「王の男」で知られるイ・ジュンイク。韓国映画でありながら韓国で上映されたときは日本語部分にハングルの字幕がついたはずだ。

 日本映画のようにもみえながら絶対に日本では制作されるはずもない映画だ。日本では一部の人にしか知られていない朴烈と金子文子だが、天皇(皇太子)を爆弾で暗殺することを計画(夢想)し大逆罪で死刑判決を受けたというだけで日本人がもっと知るべき存在だろう。しかし幸徳秋水らの大逆事件はどの教科書に載っているのにこの二人は黙殺されている。

 映画にもどろう。朴烈を演じたイ・ジェフン、金子文子を演じたチェ・ヒソどちらも最高の演技だったが、とりわけチェ・ヒソの熱演が光った。韓国映画恐るべしなのだ。映画では金子文子の前半生はほとんど触れられていないのだが、その生い立ちのすさまじさ、そしてその境遇の中で奇跡的に育まれた自己表現力は近代日本の歴史の中で金子文子を希有の存在たらしめている。彼女の獄中記で自伝でもある「何がわたしをこうさせたか」は岩波文庫で読める。なんだか支離滅裂な感想になってしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック