交通違反取り締まりで神奈川県警の荒稼ぎ

 何と20数年ぶりに交通違反で切符を切られた。不愉快きわまりない出来事だった。横浜市内の横断歩道にさしかかって、歩行者はもちろんいなかったから通り抜けた。そのすぐ先に違反取り締まりの警官がいて私の車を停止させた。
 まさか違反しているとは思いもしなかったから「何ですか」と訊いたら、「横断歩道で歩行者の通行妨害をあなたはしました」というじゃないか。安全を確かめていたつもりだから「そんなはずはない」と答えたら、「歩行者に横断をためらわせました」との返答で、私はのけぞった。ためらわせるってどういうことなの?
 神奈川県警の若いお兄さんは言葉遣いはていねいではあった。違反切符を切られて9000円払えということになった。でも、状況から見て、どう考えても違反実績をひねり出すための取り締まりとしか思えなかった。ひっきりなしに横断する歩行者がいる横断歩道だから、前後周辺にまったく歩行者がいない瞬間はとても少ないから、横断歩道を突っ切る車はいつだって歩行者の通行妨害とみなすことが可能になる。私に渡された告知書には「歩行者の歩速をゆるめさせた」と補足されている。これって「俺にガン飛ばしただろう」と言いがかりをつけるのと同断ではないだろうか。
 要するに私の前に捕まった車の違反処理が終わったところに私が通りがかり、だから私が捕まる順番になったのだ。事実、私が解放された直後に次の車が停止させられていた。これは儲かる商売だ。10分足らずで9000円をぼったくれる。1時間54000円になる。県警のお兄さん、稼ぎは上々じゃないですか。でもそのぶんだけ警察に対する不信がつのるのだよ。昔々、私は一時停止違反で切符を切られたことがある。ほとんど誰も停止しないし、停止する意味もない場所だった。面白いように一時停止で次々と捕まっていた。しばらくしてその場所は一時停止を解除されてしまった。交通違反の取り締まりは一体何のためにやってるんだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

さとし君
2014年06月08日 01:55
すっきり納得しない理由ですねー。記事と同じ、農道で昨年、一時停止せず7000円でした。「稼ぐ」ノルマがあり、ミラーや白線引きの予算とするようです。交通官も温かくなる新緑の時節が良いようです。秋も。ドライバーがうっかりする「稼げる」場所を知ってるようですね。

この記事へのトラックバック