韓国映画「タクシー運転手」

 けっこう話題になっている韓国映画「タクシー運転手」をチネチッタで見てきた。監督チャン・フン、主演はソン・ガンホ。「面白くてためになる」というよりは「ためになって面白い」というべきか、歴史上の大きな問題を正面にすえながらエンタメ性を欠かさない韓国映画の面目躍如といった映画だった。そして家族の愛情(男女ではなくて)がサブテーマとして作品の肉付けをいている点でもいやまあ韓国映画らしい映画だった。
 舞台は1980年5月の光州事件。朴正熙が前年に暗殺されたあと全斗煥軍事政権が登場し、これに抵抗する学生や市民労働者の抵抗が各地に展開していた。その中で韓国南部の全羅道の光州で独裁に反対して決起した学生・市民に対して軍事政権は過酷な弾圧を加えた。この事実はきびしい報道管制のために外部に伝わるのが大幅に遅れた。
 光州の真相を知るために現地に入ろうとしたドイツ人ジャーナリストのユルゲン・ヒンツペーターはソウルでマンソプ(ソン・ガンホ)のタクシーを往復10万ウォンで契約する。事情もよく知らないままマンソプは娘をソウルに残したままペーターを乗せて光州に向かう。そして彼らが目撃したものは…。学生市民の抵抗と軍隊による呵責ない弾圧をリアルに再現しつつ、マンソプと光州のタクシー運転手との友情、カーチェイス等々、なかなか盛りだくさんでとにかく飽きさせません。付け加えておくと映画のための脚色は多々あれど、ドイツ人ジャーナリストを無名のタクシー運転手が光州に送り届け、彼が世界に光州の実情を伝えたのは実話だ。
 この映画は昨年の韓国では1200万人を動員する大ヒットとなった。民主派のムン・ジェイン大統領誕生にどんぴしゃとなったわけだ。韓国の歴史にうとい人でも映画そのものは楽しめる。なにしろエンタメ映画なのだ。そして映画館を出るときには少しだけでも韓国現代史にふれた気分になっていればいいのではないか。光州事件は韓国ではTVドラマ「モレシゲ」、映画「ペパーミントキャンデー」「光州5・18」で描かれている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック